スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
★リニューアルのお知らせ
「ココロの健康生活」事務局です。

毎回のご訪問、ありがとうございます。

ユビキタス・カウンセリングのWebサイトは、リニューアルを予定しております。

当面、記事の更新を停止いたしますが、ご了承いただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。


【過去の記事一覧】
過去の記事アーカイブ


スポンサーサイト
※ お知らせ | 23:53:24 | トラックバック(1) | コメント(6)
アサーティブであるために(10)
 アサーティブネスをお伝えしたこのブログも今回が最終回です。10回と言う短いブログの中でお伝えできたことはごくわずかかもしれませんが、アサーティブネスと言うものを少しでも身近に感じていただけたらとても嬉しいです。最終回の今回は、このブログを読んで「アサーティブネスを実践してみよう!!」と思われた方への注意点をお伝えしたいと思います。

 アサーティブネストレーニングは、現在様々な領域で用いられているコミュニケーショントレーニングの1つです。自分の気持ちを相手に伝わるように表現したり、頼みごとをしたり、NOといって断ったり、様々な場面で用いることができます。このブログでもお伝えしたI(アイ)メッセージやボディランゲージなどは、主体的に自分の感情や要求を伝えることに非常に長けているスキルといえるでしょう。しかしながら、どんな場面でアサーティブネスを用いる場合でも、忘れてはならないことがあります。それは、「アサーティブネスは相手をコントロールするためのスキルではない」と言うことです。

 アサーティブネスにおいては、自分と同様に相手も大切にします。アサーティブネスとは、自分の嫌な感情を相手のせいにして、相手の行動を責めたり、相手の行動をコントロールしたりする道具では決してありません。嫌な感情は自分の中に沸いてきたものです。その感情の元となる関係性は、相手と一緒に作り上げてきたものです。自分自身の責任や非を認めることも必要かもしれません。

 しかし、相手と一緒に作りあげられない関係性も世の中には存在します。例えばDV被害や虐待被害あるいはセクシュアルハラスメントの被害やモラルハラスメントの被害といった場合は、そもそも双方で作り上げた関係ではありません。ここには対等性が存在していないことが問題となっています。こうした関係において、アサーティブな関係を求めることは非常に勇気がいり、場合によっては危険性が伴います。こうした場合は、アサーティブネスを実践するよりも必要な支援や制度を利用して別の解決を求めることが現実的といえるでしょう。

 最後に、アサーティブネストレーニングとは一人ひとりの人間の価値を対等と認め、あなたがよりあなたらしく自分を表現することを応援するコミュニケーショントレーニングです。アサーティブネスなコミュニケーションによって、誰にもコントロールされず、誰もコントロールしないことで、より自分らしい一歩が踏み出せるといってもよいでしょう。また、このブログではアサーティブな考え方や方法の一部をお伝えするにとどまりましたが、実際のアサーティブネストレーニングでは、様々なアサーティブネスについての考え方や方法を学ぶだけでなく、様々なワークやロールプレイを用いて実際に体験することが出来ます。興味を持たれた方はお近くのアサーティブトレーニングに参加してみてください。是非自分も相手も大切にするコミュニケーションで、より自分らしく生きるための自己表現を目指してみてください。



【参考文献】
・ロバート,E,アルベルティ・マイケル,L, エモンズ (菅沼憲治・ジャネット純子訳)(2009). 自己主張トレーニング改訂新版 東京図書
・平木典子(編)(2008).アサーション・トレーニング-自分も相手も大切にする自己表現- 至文堂
・森田汐生 (2010).アサーティブに生きる 森田汐生エッセイ集① かいらす企画


テーマ:コミュニケーション - ジャンル:ライフ

アサーティブネス | 00:00:00 | トラックバック(1) | コメント(0)
アサーティブであるために(9)
 前回は、アサーティブ行動に大切なボディランゲージについてお伝えしました。今回は、6回でお伝えしたアサーティブネスに頼む時のポイントの一つである『気持ちを伝える』ということについてもう少し、お伝えしたいと思います。

 アサーティブネスにおいて自分自身の気持ちを伝えることは、自分を大切にするためにも相手を大切にするためにも非常に重要なことです。しかし、気持ちを伝えるということは難しいことの一つでもあります。その理由は、気持ちを伝えることが「わがまま」であるかのようにとられている文化的側面や、あるいは、自分の中でわいてくる気持ちはコントロールしにくいものであると思われていること、など様々あります。しかし、自分の気持ちに気づきアサーティブにそれを相手に伝えることは、決して「わがまま」なことではありません。むしろ、ご自身の気持ちを率直に伝えることは、自他を尊重する行為になります。もちろん、気持ちの中には否定的な言葉や、ご自身でも余り認めたくないものも存在するでしょう。また、気持ちをコントロールするにはコツも必要だといわれています。そんな気持ちとの向き合い方も含め、アサーティブネスにおける気持ちの伝え方を今回はお伝えしたいと思います。

 私たちは、様々な気持ちを持っています。アサーティブトレーニングの中では、どの気持ち(感情)も大切なものであり、誰でもどの気持ちも表現してよいものだという風に考えます。しかし、それをどのように表現するかと言うことにおいては注意を払う必要があります。なぜならば、アサーティブネスが自分と同じように相手も大切にするというコミュニケーションを目指しているからです。ですから、自分の気持ちを相手に伝えることで、相手の権利を奪ってしまったり、相手の行動をコントロールしようとしたりしないことがアサーティブネスにおいてはとても大切なことになります。そのために、以下の二つのことを是非覚えておいてください。

 ①気持ちには良い悪いという区分はありません。どの気持ちも自分にとってかけがえのない大切なものです。

 ②気持ち(感情)は自分のものであり、自分の責任で表現ができます(あるいは、しないことができます)。

 では、気持ちをアサーティブに表現するためにはどのようにすればよいのでしょうか。NPO法人アサーティブジャパンのトレーナー森田汐生さんによるとアサーティブな感情表現には二つのプロセスがあるといいます。

 A:自分の心にある感情を、心の中で言語化するプロセス

 B:言語化された感情を、実際に相手に伝えるプロセス

 Aの自分の気持ちをよく見つめ、自分に誠実に言語化した後に、相手を責めるのでも自分を卑下するのでもなくあくまで対等に相手が受け止められる形で自分の気持ちを表現することがアサーティブな感情表現だと森田さんは述べています。

 そもそも私たちの気持ちはいつもわかりやすい形をしてはいません。もやもやしていたりぼんやり感じたり、逆に強過ぎてなんだかわからなかったり・・・・。そんな自分たちの中にある気持ちと向き合いそれがどんなものなのかつかむことが、アサーティブに伝えるための第一段階です。中にはなんとなく嫌でつかまえたくない気持ちもあるかもしれません。そんな時は是非先ほどの①を思い出して下さい。あなたの気持ちはどれもよい悪いという区別なく大切なあなた自身のものです。その気持ちが伝えてくるメッセージに是非耳を傾けてください。不安は危険を知らせるメッセージだったり、怒りはあなたの大切なものが侵害されているというメッセージだったりするかもしれません。ここでしっかり耳を傾けることができれば、気持ちはコントロールの効かないやっかいなものではなくなります。

 その気持ちのメッセージを受け止めることができたら、実際に相手に伝えるか伝えないかを決めます。この時は是非先ほどの②を思い出してください。あなたはその気持ちを表現することも表現しないこともできます。そしてそのいずれを選択してもその責任はあなた自身にあります。そしてそれを表現するという選択をしたならば、前回お伝えしたI(アイ)メッセージを用いて、自分にも相手にも誠実に率直に伝えてみて下さい。

 アサーティブに気持ちを表現することは、決して「わがまま」でも「コントロールのつかないもの」でもなく、あなた自身を相手の方に伝えるさわやかな自己表現になっているはずです。



【参考文献】
・ロバート,E,アルベルティ・マイケル,L, エモンズ (菅沼憲治・ジャネット純子訳)(2009). 自己主張トレ
ーニング改訂新版 東京図書
・小柳しげ子・予語淑子・宮本恵(著)(2008).アサーティブトレーニングBOOK I’m OK,You’re OKな人間関
係のために 新水社
・平木典子(編)(2008).アサーション・トレーニング-自分も相手も大切にする自己表現- 至文堂
・森田汐生 (2010).アサーティブに生きる 森田汐生エッセイ集① かいらす企画


テーマ:コミュニケーション - ジャンル:ライフ

アサーティブネス | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
アサーティブであるために(8)
 前回は「頼む」と言う場面を例にあげ、具体的なアサーティブコミュニケーションについてお伝えしました。そして、①頼む(他者に対する権利の要求)の他にも②自分の権利を守ること③相手の要求を断ること④違った考えを表明すること⑤自分の限界を伝えること⑥肯定的感情を伝えること といった6つの場面でアサーティブネスが用いられていることが多いということをお伝えしました。

 今回は、こうしたアサーティブ行動にとって重要な言葉以外のコミュニケーション(ボディランゲージ)についてお伝えしていきたいと思います。

 アメリカでベストセラーになり、全世界で翻訳されているアサーティブネスに関する最も有名な本「Your Perfect Right」の中にはこんな1節があります。「アサーティブなメッセージを伝えるのに重要なのは、どのような言葉でいうかよりも、それをどのように表現するかである」。このように、アサーティブネスにおいて言葉以外のコミュニケーションはとても重要視されています。皆さんの日常的なコミュニケーションを振り返っていただいても、言葉以上に目や身振りなどから様々なメッセージを受け取ったり、あるいは送ったりということはありませんか。今回はそんな言葉以外のメッセージ「ボディランゲージ」について考えてみましょう。ボディランゲージの発信源にはこんなものがあるといわれています。

 目:人の視線は実に多くのメッセージを伝えてくれます。「目が笑っていない」と言う言葉にもあるように、
私たちの目はそれだけでメッセージを伝える媒体になっています。前回のEさんの例を思い出して下さい。真剣なことを伝えるときは、相手の目をまっすぐに見る(あるいはそちらに顔を向ける)と言うこともとても大切なことですね。

 表情:目元・口元といった顔に浮かべる表情も様々なメッセージを相手に与えています。悲しいとき、怒って
いるときに「ほほえみ」を浮かべたり、嬉しい時に「怒った表情」をしていると、相手が誤解したり混乱する原因になります。ですので、伝えたい内容に表情を合わせることもアサーティブネスであるためのポイントの一つです。

 声:声の大きさ、声のトーン・話すスピードによって同じことを伝えていても聞き手の印象はがらりと変わります。「Your Perfect Right」の中では以下の3点が重要なチェックポイントとしてあげられています。
① 調子(いらいら・メソメソ・{誘惑するように}甘い、怒っているなど)
② 抑揚(一本調子・文末が上がっている・歌うようになど)
③ 大きさ(ささやくように・大声で威圧的に・怒鳴ろうと思っても声がでないなど)

身振り:話をするときの開放的な動きは話し手が率直で自信に満ちている印象を与えるといわれています。そ
れ以外にも貧乏ゆすり、腕組や髪をいじるなどの身振りは、落ち着かない気持ちや自分を守ろうと防衛的になっている印象を与えやすいといわれています。

姿勢:人と話しているときの「力」関係は、姿勢によっても影響を受けるといわれています。毅然とした態度で
相手の方と接する必要があるとき、あるいはリラックスして相手の方と接する必要があるとき、様々な場面に応じて意識的に、ご自身の姿勢(立つ・座る/背を伸ばす・丸めるなど)を意識的に調整してみて下さい。

 その他にも相手との距離感なども言葉以外のメッセージを与えるといわれています。アサーティブコミュニケーションを実践する場合は、是非ご自身のボディランゲージがどんな印象を周りの方に与えているかを意識してみて下さい。あなたのボディランゲージは、あなたの言葉と同じメッセージを伝えていますか。そして、それは誠実で率直で対等なメッセージになっていますか?ご自身のボディランゲージを鏡で確かめたり、身近な人に聞いてみたりするのもとても良いアサーティブネストレーニングになります。



【参考文献】
・ロバート,E,アルベルティ・マイケル,L, エモンズ (菅沼憲治・ジャネット純子訳)(2009). 自己主張トレーニング改訂新版 東京図書
・小柳しげ子・予語淑子・宮本恵(著)(2008).アサーティブトレーニングBOOK I’m OK,You’re OKな人間関係のために 新水社


テーマ:コミュニケーション - ジャンル:ライフ

※ お知らせ | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
アサーティブであるために(7)
 前回に引き続いて今回は、アサーティブに頼むということを考えていきましょう。前回に引き続き、娘のF子さんに「次の日曜日に車で駅まで迎えに来て欲しい」と頼むEさんの例をみていきたいと思います。では、前回のアサーティブに頼むときのポイントを思い出しながら一緒に考えてください。


 Eさんは、F子さんに1週間前の日曜日の夕ご飯が終わりお茶を飲んでいるときお願いをすることにしました。表情は真剣に、声のトーンはF子さんをあまり緊張させないように少し穏やかに話すことにしました。

Eさん「F子、お願いがあるんだけど今ちょっといいかな?」

F子さん「なぁに?」

Eさん「実は来週の週末旅行に行くんだけど、日曜日の帰りが最終バスより遅くなるのよ」

F子さん「えっ」

Eさん「それでね、F子、次の日仕事だから申し訳ないんだけど、暗い道を歩いて帰ってくるのが不安だから、迎えに来てもらえないかな。」

F子さん「お父さんに頼みなよ。」

Eさん「そうだよね。でもお父さん自治会の会合で遅くなるからF子にお願いしたいんだ。めんどくさいかな?」

F子さん「うん。めんどくさい」

Eさん「F子がめんどくさいのは良くわかる。だけど今回は夜も遅いし、F子に迎えに来てもらえると本当に助かるし嬉しい」

F子さん「うーん。わかった」


 しぶしぶではありそうですが、F子さんもOKしてくれたようです。ここではEさんは、事実・気持ち・要求をしっかり分け、相手のことも理解しながら伝えています。そして、表情や声のトーンも意識的に、真剣でそれでいて相手への思いやりも持った態度にしました。

 そして、もう1つ大切なポイントをご紹介しておきます。それは、「繰り返し伝える」ということです。Eさんも一度F子さんに断られましたがF子さんに迎えに来て欲しいという要求を繰り返し伝えてみました。自分自身の思いを大切にするためにも必要に応じて、粘り強く繰り返し伝えてみて下さい。

 アサーティブネスには、このように①頼む(他者に対する権利の要求)の他にも②自分の権利を守ること③相手の要求を断ること④違った考えを表明すること⑤自分の限界を伝えること⑥肯定的感情を伝えることといった場面において用いられることが多いようです。皆さんご自身はどんな場面でアサーティブネスが使えそうですか?



【参考文献】
・高橋均(2006).アサーションの規定因に関する研究の動向と問題.広島大学大学院教育研究科紀要.55,1,35-43.


テーマ:コミュニケーション - ジャンル:ライフ

アサーティブネス | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。